dakota*quentin_main - Sold Out -
本公演は満席のご予約をいただき、SOLD OUT となりました。
ご予約の無い方は、ご入場いただけません。ご了承ください。


dakota suite と Quentin Sirjacq が昨年リリースされた”there is calm to be done”と共に来日します。

1998年の結成当初から独自の世界観を構築し、これまで20枚以上の作品を発表してきたdakota suite。SCHOLEよりオリジナルアルバムや映画のサウンドトラックを発表し、過去に2度の日本ツアーを行っているフランス人作曲家・ピアニストの Quentin Sirjacq。昨年、その両アーティストによる共作作品リリースを記念して、dakota suiteの中心人物 Chris Hoosonと、Quentin Sirjacqの両名による福岡公演の開催が決定しました。

自らの内面にある悲壮美やその中に差すわずかな光の美しさを描き続けてきたChris Hoosonの世界に共鳴するように、深く、深く、聞く者の心の奥底に向かって響くQuentin Sirjacqの静謐なピアノの響きをぜひご堪能ください。

また、前夜 3月 5日には、Quentin Sirjacq が全篇音楽を担当した映画 “Bright Days Ahead” の上映会とQuentin Sirjacq のトークショー 「Film & Music Show “Bright Days Ahead” – Talk with Quentin Sirjacq」も開催します。こちらも併せて、ぜひお楽しみください。
Film & Music Show “Bright Days Ahead” – Talk with Quentin Sirjacq 詳細 : こちら

——————————————————————————————————————————————–
schole inc. and RePublik: presents
ダコタ・スイート & クエンティン・サージャック
ジャパン・ツアー 2015 福岡公演


2015年 3月 6日 (金)
19:00 開場 / 20:00 開演
予約 : 4,000円
当日 : 4,500円
(※ 共に1ドリンク別途、全席自由)
前日開催トークショー・2日通しセット予約 : 6,000円
(※ 両日共1ドリンク別途、通常 6,500円)
出演:
dakota suite – Chris Hooson
Quentin Sirjacq

予約方法 :
オンライン予約 (24h) : http://republik.jp/reservation
メール予約 (24h) : reservation@republik.jp
電話予約 : パッパライライ 092-406-9361 (受付時間:11:30 – 18:00、木・金 休)
● トークショーとの2日通しセット予約の際は、備考欄に必ずご記入ください。
● メールあるいは電話でのご予約 :
公演名・公演日・代表者お名前・電話番号・ご人数・トークショーとの2日通しセット予約の有無をお知らせください。
● 公演当日ご来場時に、会場受付にて前売り料金でのご精算/ご入場とさせていただきます。

会場 :
papparayray – パッパライライ
福岡市中央区赤坂 2-2-22
phone. 092-406-9361

福岡市中央区赤坂2-2-22

主催 : Schole Inc., Republik:
協賛 : Love FM, アンスティチュ・フランセ九州
協力 : papparayray
——————————————————————————————————————————————–
dakota&quentin_portrait Left : dakota suite – Chris Hooson / Right : Quentin Sirjacq

dakota suite (ダコタ・スイート)
イングランド・リーズで結成されたChris Hooson(クリス・フーソン)の内面的世界を表現するために結成されたトリオ。1998年に『Alone With Everybody』でデビュー。これまで約20枚のアルバムを発表している。編成は作品ごとに変化するが、スロー・コア、サッド・コアと呼ばれる哀しみに満ちた音楽を作り続けている。クリスの妻であるジョアンナの手掛けるジャケットのモノクロ写真も魅力的。
dakota suite official site : http://www.dakotasuite.com/www.dakotasuite.com/home.html

Quentin Sirjacq (クエンティン・サージャック)
フランス人作曲家・ピアニスト。 ハーグ王立音楽院及び、カリフォルニア州オークランド・ミルズ大学にて作曲と即興演奏を習得。デビュー作「La Chambre Claire」の発表以降、ソロでの活動のほか、Chris Hooson (Dakota suite)をはじめ、アメリカ、オランダ、ベルギー、ドイツ、スペイン、イタリア、イギリス、フランスなど多くの国のアーティストとコラボレーションを行っている。 また、テレビや映画、ドキュメンタリーの音楽も多数手掛け、今年に入ってからは、フランスのラジオで放送された、ゴンクール賞を受賞し世界的ベストセラーを記録したマルグリット・デュラスの小説「愛人 / ラマン」の背景音楽を手掛けたほか、フランス映画「Bright Days Ahead(Les Beaux Jours)」のサウンドトラックを手掛けている。 日本国内では、2011年にソロデビュー作となる「La Chambre Claire」の国内盤を発表。翌年には初の単独来日公演も行い、東京滞在中に録音したセカンドアルバム「Piano Memories」をSCHOLEよりリリース。
Quentin Sirjacq Official Site : http://www.quentinsirjacq.com/
——————————————————————————————————————————————–

——————————————————————————————————————————————–

——————————————————————————————————————————————–
sch-035
dakota suite & quentin sirjacq
“there is calm to be done”
(SCH-035, 2014年 6月)

Track List :
01. this is my way of saying that I am sorry
02. flat seat
03. in the stillness of this night
04. committing to uncertainty
05. nu dat deze dag voorbij is
06. dronning maud land
07. ask the dusk
08. be my love
09. nothing is gone
10. the tears that bind us to this place
11. the world touches me too hard
12. there is calm to be done
13. I miss the dust
14. onzekerheid (bonus track)