SOTTO_main 音楽家 中島ノブユキが主宰する音楽レーベル”SOTTO”のリリース第二弾は自身のオリジナルアルバム『散りゆく花』。

北村聡(バンドネオン)、藤本一馬(ギター)、金子飛鳥(ヴァイオリン)らの参加、そしてオーボエ、ヴィオラ、チェロ、コントラバスの音色も加わり「新しい室内楽」の形を織りなします。

6月3日の全国リリースに先駆けて『散りゆく花』の先行試聴会&制作にまつわる話や録音の様子などのエピソードも交えたトークイベントを開催。先行発売も行います。また、地元DJに加え、中島ノブユキの選曲も予定。予約は不要ですので、お気軽にご来場ください。
——————————————————————————————————————————————–
中島ノブユキ
最新アルバム 『散りゆく花』
先行試聴会&トークイベント


2015年 5月 23日 (土)
20:00 〜 24:00
ミュージック・チャージ : 1,000円
※ ドリンク代別途
※ 予約不要

出演 : 中島ノブユキ
選曲 : 中島ノブユキ、河津継人、河津かおり (afterglow)

会場 :
petrol blue – ペトロール・ブルー
福岡市中央区大名 1-10-21、大名エイトビル2、5F
phone. 092-714-6786

福岡市中央区大名1-10-21

お問い合わせ : info@republik.jp
——————————————————————————————————————————————–
nakajima_jacket 中島ノブユキ・オリジナルアルバム『散りゆく花』
北村聡(バンドネオン)、藤本一馬(ギター)、金子飛鳥(ヴァイオリン)らの参加、そしてオーボエ、ヴィオラ、チェロ、コントラバスの音色も加わり「新しい室内楽」の形を織りなします。音源化の要望の高かった「その一歩を踏み出す」(NHK BSプレミアムで放送されたドキュメンタリー番組「旅のチカラ」テーマ曲)の再録音を含む中島ノブユキの書き下ろし楽曲の他、素朴ながらも胸を打つ名曲 「Last Train Home」(パット・メセニー)やシンプルなメロディーのリフレインがメランコリックに響かされる「スパルタカス 愛のテーマ」(アレックス・ノース)も収録。

品番 : STTM-1002
発売日 : 2015年6月3日
価格 : ¥2,778(税抜)
発売元 : SOTTO
販売元 : INPARTMAINT INC.

Track Listing :
01. エレメント・オブ・ディスタンツァ  element of distanza
02. 追憶のワルツ  valse souvenance
03. スプリング・ナーヴァス  spring nervous
04. 散りゆく花  broken blossoms
05. 木洩れ日  komorebi(sunlight filtering through leaves)
06. スパルタカス 愛のテーマ  love theme from Spartacus
07. ディスタンツァ  distanza

~エスペヒスモ-蜃気楼~  espejismo
08. レント lento
09. エレガンテ・コン・モート elegante con moto
10. カルマンド calmando

11. フーガ ニ短調  fugue in D minor
12. その一歩を踏み出す  take the new step
13. ラスト・トレイン・ホーム  last train home
——————————————————————————————————————————————–
nakajima_portrait 中島ノブユキ(作曲家/ピアニスト)
東京とパリで作曲を学ぶ。ソロアルバムとして『エテパルマ~夏の印象~』『メランコリア』など発表。また続く二作『カンチェラーレ』『クレール・オブスキュア』と連続でピアノソロ作品を発表、各地でピアノソロコンサートを開催。映画「人間失格」、アニメーション「たまゆら」の音楽、ドキュメンタリー番組「旅のチカラ」のテーマ音楽等を担当。また畠山美由紀、菊地成孔らの諸作品に作/編曲家として参加した。2011年~2013年ジェーン・バーキン ワールドツアーに音楽監督/ピアニストとして参加(世界27カ国で公演)。2013年 NHK大河ドラマ「八重の桜」、2014年 JR東海「そうだ京都、行こう」、2015年 映画「悼む人」、のそれぞれ音楽を担当した。2015年 良い音楽をそっと届けるために自身による音楽レーベル”SOTTO”をスタート。
“SOTTO” Official Site : http://www.sotto.maison/