haruka_main - Sold Out -
本公演は満席のご予約をいただき、SOLD OUT となりました。ありがとうございます。
またキャンセル待ちも多数お申し込みいただき、締め切らせていただきました。
このため完全 Sold Out となりました。
ご予約の無い方は、ご入場いただけません。ご了承ください。

——————————————————————————————————————————————–
haruka nakamuraが過去4年間に渡り追求し発展させてきたPIANO ENSEMBLE編成のニューアルバム「音楽のある風景」。そのPIANO ENSEMBLEフルメンバーと聖歌隊による福岡公演を開催します。

総勢8名の演奏家によって描かれる儚くも美しさに満ちた音像世界をご堪能ください。
——————————————————————————————————————————————–
RePublik: presents
haruka nakamura PIANO ENSEMBLE TOUR
「音楽のある風景」ACT.11 福岡公演


2016年 6月 18日 (土)
18:00 開場 / 19:00 開演
予約 : 4,500円
当日 : 5,000円
(※ 全席自由、未就学児童入場不可)
出演:
haruka nakamura PIANO ENSEMBLE:
haruka nakamura (piano)
ARAKI Shin (saxophone, flute)
akira uchida (saxophone)
rie nemoto (violin)
isao saito (percussion)
聖歌隊:
太田美帆(CANTUS)
baobab

予約方法
オンライン予約 (推奨・24h) : http://republik.jp/reservation
メール予約 (24h) : reservation@republik.jp
電話予約 : 090-7291-9112 (RePublik: 河崎)
● メールあるいは電話でのご予約 :
公演名・公演日・代表者お名前・電話番号・ご人数をお知らせください。
● 公演当日ご来場時に、会場受付にて前売り料金でのご精算/ご入場とさせていただきます。

会場 :
日本福音ルーテル博多教会
福岡市博多区須崎町 3-9
(地下鉄「中洲川端駅」より徒歩5分)
● 駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。
● 会場への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

福岡市博多区須崎町3-9

Flyer + Visual Design : Kitchen Label
照明協力 : Chikuni
協力 : Love FM
主催 : RePublik:
——————————————————————————————————————————————–


——————————————————————————————————————————————–
haruka_portrait haruka nakamura
音楽家。
青森県出身。
最新作は「音楽のある風景」。
PIANO ENSEMBLEでは全国はもとより、台湾、シンガポールへもツアーを敢行。
「THE PIANO ERA 2015」にも出演。
代表作はNujabesと共作した「Lamp」写真家、奥山由之がMV監督を手掛けた「arne」など。
青木隼人とのデュオ、「FOLKLORE」でも旅を続けている。
ソロ名義、そしてPIANO ENSEMBLEフルメンバーによる福岡公演は初の機会となる。
Official Web Site : http://www.harukanakamura.com/

araki ARAKI Shin (荒木 真)
サクソフォン奏者、作曲家。これまでにアルバム“A SONG BOOK”,“HALLS”をRONDADEレーベルより発表。サポートとしてakira kosemura、EXILE、haruka nakamura、永山マキ、vusik等多数アルバムに参加ほか、ファッション・ショーの音楽、写真家や舞踏家など他ジャンルのアーティストとのコラボレーションを行う。“Jazz Collective”の一員としてロシア政府より招聘を受け演奏。
Official Web Site : http://www.arakishin.com/

uchida akira uchida (内田 輝)
saxophone , clavichord , composer
音大卒業後、14世紀に考案された楽器 clavichord に出会う。古楽器専門の studio baroque voice 主宰。 haruka nakamuraとはアルバム「twilight」に参加後、 kadan、ピアノアンサンブルメンバーなど幾多の演奏を共にする。
Official Blog : http://baroquevoice.tumblr.com/

nemoto rie nemoto (根本 理恵)
茨城県出身。2007年日本大学芸術学部音楽学科ヴァイオリン専攻卒業。 ヴァイオリンを飯塚直子、故久保田良作、大川内弘、室内楽を杉山さゆり、 大川内弘、東義直、アルゼンチンタンゴを岩崎宏之、各氏に師事。 在学中より作曲、編曲等も行う。岩井俊二プロデュースラジオ番組「円都通信」 内で放送されたラジオドラマ『虹の女神』『東京安息日』にて音楽を担当。 現在、オーケストラ、室内楽、スタジオ録音、アーティストのサポート演奏等、 幅広いジャンルで活動中。さいたまARTS21メンバー。 2012年より日本大学芸術学部音楽学科演奏補助員を務める。 haruka nakamuraとは「音楽のある風景」(アルバム「twilight」に収録) にて印象的な演奏録音を残した。 その後ピアノアンサンブルやremix作品など、多くの演奏を共にしている。
Official Blog : http://rienemoto.blogspot.jp/

saito isao saito (齊藤 功)
1981年 神奈川県生まれ
様々な打楽器や非楽器で、 そこにしかない【音】を、みつけて、だす。 石拾いと漫画と短歌が趣味。「眠るように音色は溶けぬ 未だ言葉は無音か美しい人」 haruka nakamuraとはバンドkadanのメンバーとして出会い、 益子「土祭」へDUOでの出演をきっかけに アルバム「twilight」の原型となるピアノとドラムでの即興演奏を録音。 その後アンサンブルメンバーの主軸として様々な公演を共にする。

ota Miho Ota (太田 美帆)
1978年東京生まれ。聖歌隊CANTUS合唱長。
ソロ活動としてharuka nakamura、高木正勝、UA、中島ノブユキ等のコーラスを担当。二児の母。
Official Web Site : http://otamihoandcantus.client.jp/

baobab_portrait baobab (バオバブ)
Maika / Fiddle・Vocal 松本未來 / Guitar・Vo.
2004年baobabとして活動開始。歌・ギター・フィドルを中心としたアコースティックサウンドを奏でる兄妹ユニット。 古楽器から現代楽器、トラディッショナルからポップまで、音楽の草原を自由に駆けめぐり、 日々をながれる空気や季節の移ろい、カントリーサイドでの生活の中で見つけた景色や感覚を 音に変え、 “baobab の音楽” として創造、発信している。4 枚のアルバムをリリース。 自主制作でつくられたアルバムはインディーシーンでロングセラーを記録。 毎年春には、自然環境と人、音楽やアートと暮らしの融合をテーマにした音楽祭 “Sing Bird Concert” を主催。 県内外のアーティストを紹介、 そして多くの共感者を集め、地域からの表現発信の核となっている。
Official Web Site : http://baobab-8.com/