TatiVardan_main デュオ表現を刷新する「声」と「ピアノ」。

現代ブラジルが生んだ最高峰の知性派シンガーと、いま注目を集めるアルメニア/LAジャズ
21世紀室内楽の真打ちピアニストによる待望の日本ツアー・福岡公演が決定。
——————————————————————————————————————————————–
RePublik: Present
タチアナ・パーハ & ヴァルダン・オヴセピアン
ジャパン・ツアー2017 福岡公演


2017年 5月 29日 (月)
19:00 開場 / 20:00 開演
予約 : 4,500円
当日 : 5,000円
(※ 共に1ドリンク別途、全席自由)
出演 :
Tatiana Parra (voice)
Vardan Ovsepian (piano)

予約方法 :
オンライン予約 (24h) : http://republik.jp/reservation
メール予約 (24h) : reservation@republik.jp
電話予約 : 090-7291-9112 (RePublik: 河崎)
● メールあるいは電話でのご予約 :
公演名・公演日・代表者お名前・電話番号・ご人数をお知らせください。
● 公演当日ご来場時に、会場受付にて前売り料金でのご精算/ご入場とさせていただきます。

会場 :
rooms – ルームス
福岡市中央区大名 2-1-50、大名ONOビル3F
phone. 092-751-0075

福岡市中央区大名2-1-50

主催 : RePublik:
協力 : Saito Kikaku, Love FM

ツアー・オフィシャルサイト : こちら
——————————————————————————————————————————————–




——————————————————————————————————————————————–
Tatiana Parra – タチアナ・パーハ
タチアナ・パーハはそのクリスタルとも表現される唯一無二の歌声、完璧な音感、高度な音楽性と声楽テクニックを誇る、現代ブラジル屈指の実力派女性シンガー。アカセカ・トリオ、アントニオ・ロウレイロ、アレシャンドリ・アンドレス等の南米新潮流アーティストたちに愛され、30を超える重要作の数々を飾ってきた、ファーストコールの名にふさわしい存在。1stソロアルバム『Inteira』、アンドレス・ベエウサエルトとのデュオ作『Aquí』はいずれも日本盤でリリース。

Vardan Ovsepian – ヴァルダン・オヴセピアン
ヴァルダン・オヴセピアンはアルメニア出身のピアニスト、作曲家。Fresh Sound New Talentから5枚のリーダー作をリリース、当レーベルの看板アーティストの一人。ジャズ、クラシック/現代音楽、アルメニア音楽が渾然となったその音楽性は、ピーター・アースキンやブラッド・メルドーも賛辞を惜しまず、同郷のティグラン・ハマシアンもリスペクトする存在としてヴァルダンの名前を挙げている。出版したメソッド本「ミラー・エクササイズ」は世界中のピアニストが実践。VOCE名義でのチェンバー・アンサンブル作品のリリースにより、作曲家としても注目されている。現在はLAを拠点に活動。

そんな二人の歌とピアノによる完全デュオ・アルバムとなった14年作『Lighthouse』はロングセラーを記録。2015年11月にはピアノ・フェスティバル<ザ・ピアノエラ>への出演のため来日、多数のオーディエンスに大きなインパクトを与えたことは記憶に新しい。
2016年には続編的な内容の2ndアルバム『Hand In Hand』をリリース。複数のディスクガイドに掲載されるなど、ジャズ、ワールドミュージックの枠を超えて話題に。
タチアナの可憐さと芯の強さをあわせもつ歌声、複雑なパッセージも難なくこなす技巧の高さと表現力は他の追随をまったく許さぬもの。現代ジャズシーンのタレントたちなどと比べても、その飛び抜けた資質と魅力は明らか。
ヴァルダンのピアノも単なる歌伴の域を超えた創造性に富み、クラシック~バロック~ジャズの境界を自由に往来。この二人でしか成し得ないデュオ表現を突き詰めている。