goro_main2 アントニオ・カルロス・ジョビンの心をなぞる
伊藤ゴローの優しいギター。
艶やかな色彩を添えるロビン・デュプイのチェロの音色。
小さな声で対話するような2人の静かなアンサンブルが
年の瀬の papparayray に美しく響きます。

ジョビンを敬愛する伊藤ゴロー。ジョビンの楽曲を室内楽的に演奏したトリビュート・アルバム『アーキテクト・ジョビン』のリリースを記念し、盟友であるフランス人チェリストのロビン・デュプイとのデュオ・コンサート・福岡公演を開催します。これまでのソロ・アルバムからの楽曲とジョビンの楽曲を織り交ぜ、繊細で室内楽的な伊藤ゴローの世界をお楽しみください。
——————————————————————————————————————————————–
RePublik: Presents
伊藤ゴロー with ロビン・デュプイ
デュオ・コンサート in 福岡


2017年 12月 28日 (木)
19:00 開場 / 20:00 開演
予約 : 3,500円
当日 : 4,000円
(※ 共に1ドリンク別途、全席自由)
出演 :
伊藤ゴロー (gt.)
Robin Dupuy (vc.)

予約方法 :
オンライン予約 (24h) : http://republik.jp/reservation
メール予約 (24h) : reservation@republik.jp
電話予約 : パッパライライ 092-406-9361 (受付時間:11:30 – 18:00、木・金 休)
● メールあるいは電話でのご予約 :
公演名・公演日・代表者お名前・電話番号・ご人数をお知らせください。
● 公演当日ご来場時に、会場受付にて前売り料金でのご精算/ご入場とさせていただきます。

会場 :
papparayray – パッパライライ
福岡市中央区赤坂 2-2-22
phone. 092-406-9361

福岡市中央区赤坂2-2-22

企画・主催 : RePublik:
協力 : 333 discsresonance musictramworks
——————————————————————————————————————————————–
duo_main photo : Mika Nakasho
——————————————————————————————————————————————–
goro_portrait Goro Ito – 伊藤ゴロー
作曲家、ギタリスト、音楽プロデューサー。MOOSE HILL(ムースヒル)名義で2001年にソロ活動を開始。ボサノヴァ・フィーリングを感じさせる独自のサウンドでボサノヴァ〜クラシック〜ロックとジャンルを横断し音楽を探求。伊藤ゴロー+ジャキス・モレレンバウム『RENDEZ-VOUS IN TOKYO』が2015年ブラジルディスク大賞2位を受賞。ブラジルのミュージシャンと親交が熱く、ジャキス&パウラのモレレンバウム夫妻との共演は海外でも話題を呼んだ。

ソロ活動以外にも、坂本龍一、細野晴臣、高橋幸宏他との共演、ヨルタモリでのアントニオ・カズヨシ・ジョピンとの共演や常連客としての出演、ジョアン・ジルベルト直系と言われる布施尚美とのボサノヴァ・デュオnaomi & goroのとしてアルバムのリリース及び韓国・中国公演他国内外で活動する。

近年のプロデュース作品は、原田知世『恋愛小説2〜若葉の頃』、ボサノヴァの名盤『GETZ / GILBERTO』 50周年を記念したトリビュート盤『ゲッツ/ジルベルト+50』、エイベックス・クラシックスよりリリースのクラシックコンピ『MUSICA BOTANICA』他多数。

映画『ブルーハーツが聴こえる「1001のヴァイオリン」』(2017年 監督:李相日)、『君と100回目の恋』(2017年 監督:月川翔)、『雪に願うこと』(2006年 監督:根岸吉太郎 第18回東京国際映画祭コンペティション部門グランプリ受賞作品)、2014年 NHK特集ドラマ『紅雲町珈琲屋こよみ』、ABUアジア子どもドラマシリーズテレビドラマ「おばけなんてないさ」(NHK教育テレビ)などの劇伴を担当。
また、詩人で造本家の平出隆との《Crystal Cage College》の開校、2011年より原田知世と歌と朗読の会『on-doc.(オンドク)』を全国各地にて開催中。2011年青森県立美術館5周年『芸術の青森展』に「TONE_POEM 青の記憶 サウンド・インスタレーション」を出品。2012年同館で開催された夏の企画展『Art and Air ~空と飛行機をめぐる、芸術と科学の物語』へサウンドトラックの提供、多摩美術大学での特別講義 「伊藤ゴロー『グラスハウスの音楽』―作曲、音響、演奏について」などを行う。

2016年『PAPERSKY No.50』「音楽家・伊藤ゴローさんと巡るブラジルの旅 ボサノヴァと珈琲の街、リオデジャネイロを目指して」でリオを紹介。青森県立美術館10周年《夏の祝祭》では、伊藤ゴロー×ホンマタカシによる新作インスタレーションの発表や、矢野顕子×伊藤ゴロー スペシャルライブ in アレコホールを行う。9月ロンドンのメトロポリススタジオで行われたe-onkyo 3D Binaural Sessions at Metropolis Studiosに参加。2017年1月映画『君と100回目の恋』オリジナル・サウンドトラックを、3月にソロ・アルバム『捨てられた雲のかたちの』をリリース。
Official Web Site : http://itogoro.jp/
photo : Takashi Homma
——————————————————————————————————————————————–
robin_portrait Robin Dupuy – ロビン・デュプイ
フランスのストラスブール出身。国際的チェロ奏者ヨーヨー・マ氏の演奏に感動し6歳でチェロを学び始める。パリの名門音楽学校スコラ・カントルムを卒業。2004年に来日し、クラシック演奏のみならず、ポップス・バック・ミュージシャン、レコーディング参加など幅広く活躍。現在は高野山の富貴地区で暮らし、インド音楽にも関心を寄せ、自ら手をかけたオリジナル弦楽器とチェロなどを使い新たな音の響きを探っている。
Official Web Site : http://www.robin-dupuy.com/
photo : Shinsuke Inoue
——————————————————————————————————————————————–
ARCHITECT_JOBIM ARCHITECT JOBIM / GORO ITO ENSEMBLE
アーキテクト・ジョビン / 伊藤ゴロー・アンサンブル
ドビュッシー、ショパン、サティなどのクラシック音楽に多大な影響を受けたというジョビンのクラシカルな一面にフォーカスし、ジョビン作曲の名曲や、これまでにあまり取り上げられたことのない楽曲も、全編インストゥルメンタルで、室内楽的な編成で演奏し、クラシカルでミニマルな新しいアレンジで聴かせる世界的に見てもこれまでなかったトリビュート作品。
2017年7月5日発売 レーベル:Verve / Universal