dani_main 新たなサンバJAZZのグルーヴで世界中を魅了してきたカルテット、Dani & Debora Gurgel Quartetoとしての活動でも話題のサンパウロ出身ヴォーカリスト、Dani Gurgel ソロ名義によるセカンド・アルバム”TUQTI”のリリースを記念して、レコーディング・メンバーによるジャパン・ツアーが決定、福岡公演を開催します。

ブラジル・サンパウロを中心とする音楽ムーヴメント、ノヴォス・コンポジトーレス (Novos Compositores) を牽引してきたヴォーカリスト、ダニ・グルジェル。実母、デボラ・グルジェルらと組むユニット、ダニ&デボラ・グルジェル・クアルテート (DDG4) としての活動と平行し、若手アーティストたちを束ね、新たな音楽シーンを形成してきました。2008年に発表して『Nosso』以来10年ぶりとなるオリジナル・ソロ・アルバム『TUQTI』のリリースを記念したツアーは、プロデューサーであり夫でもあるブラジル・ジャズシーンを代表するドラマー、チアゴ・ハベーロや若手注目株のギタリスト、コンハード・ゴイスを含む5人編成でお届けします。ブラジル・サンパウロ音楽シーンの『今』に触れる貴重な機会をお見逃しなく、体感してください。

——————————————————————————————————————————————–
クールなセンスとキャッチーなメロディー、ブラジル音楽特有のグルーヴィーなリズムが同居するサウンドが音楽ファンを中心に幅広い層で支持を集めるダニ・グルジェル。ソロ名義として初となる今回のツアーには、サンパウロを代表するミュージシャンたちと来日するが、今回は何と言っても凄テクギター奏者のガブリエル・サンチアゴが帯同することに注目。是非ともエネルギッシュな音のシャワーを体感してほしい。
– 堀内隆志 (café vivement dimanche 店主)
——————————————————————————————————————————————–

Rambling RECORDS Presents
ダニ・グルジェル
“トゥクチ” リリース・ツアー 2018 福岡公演


2018年 7月 28日 (土)
19:00 開場 / 20:00 開演
前売 : 5,500円  /  当日 : 6,000円
(※ 共に1ドリンク別途、全席自由)
出演 :
Dani Gurger(vo)
Thiago Rabello(ds)
Conrado Goys(eg)
Gabriel Santiago(ag)
Frederico Heliodoro(b)

予約方法 :
オンライン予約 (24h) : http://republik.jp/reservation
メール予約 (24h) : reservation@republik.jp
電話予約 : 090-7291-9112 (RePublik: 河崎)
● メールあるいは電話でのご予約 :
公演名・公演日・代表者お名前・電話番号・ご人数をお知らせください。
● 公演当日ご来場時に、会場受付にて前売り料金でのご精算/ご入場とさせていただきます。
● 会場への直接の問い合せは、ご遠慮ください。

会場 :
rooms – ルームス
福岡市中央区大名 2-1-50、大名ONOビル3F

福岡市中央区大名2-1-50

主催 : Rambling RECORDS
後援 : 駐日ブラジル大使館
協力 : RePublik:

ツアー・オフィシャルサイト : こちら
——————————————————————————————————————————————–


——————————————————————————————————————————————–
Dani Gurgel Dani Gurgel (ダニ・グルジェル)
1985年、ブラジル・サンパウロ生まれ。
3才のころには音楽に触れ、ボサノヴァ界のスターであるジンボ・トリオによる音楽スクールのClamに参加し、以後15年間にわたってピアノやフルート、サックス、エレキ・ベースを学ぶ。テナー&バリトン・サックス奏者として、Domus、そしてサックス奏者、ホベルト・シオンによるプロジェクトであるULMという二つのビッグ・バンドにも参加した。18歳になったダニは自身で作曲を始め、同時に歌詞も書き始めた。その時、ダニはあることに気が付く。様々な楽器に触れてきたダニが最後に見つけた楽器、それは自分の歌声である、ということに。

2008年にソロ・アルバム『Nosso』をリリースし、2010年には若手ミュージシャンを多く集めた『Agora』発表したを発表。同時に、映像の分野や地元サンパウロの音楽シーンにおける牽引者としてもその才能を発揮し、新たな作曲家たち(New Composers)という意味の<NovosComposiotores>と冠したTV番組とアルバム、そして<Outro Som>と呼ばれるドキュメンタリーTV番組、そしてWEBで公開してきた<MusicadeGraca(無料の音楽)>など数々のプロジェクトを手掛けていく。こうした一連の動きが認められ、ダニは2015年から2018年にかけて<PPM -PrêmioProfissionaisda Música(ミュージック・プロフェッショナル賞)>において5部門を受賞。2013年には<Prêmioda Música>に、2007年には<PrêmioNascente>に表彰された。また、OrquestraTom Jobimではキュレーター役を務め、2017年にはDani Gurgel& NovosCompositoresTourを慣行。2010年にはクラウドファウンディングを使った音楽プロジェクトによって<PrêmioConverge de InovaçãoDigital(デジタル・イノヴェーション賞)>を受賞した。なお、このプロジェクトはニューヨークに本拠地を構えるレーベル、ArtistShareと共同で運営したもの。

2012年より、ダニはピアニストで作曲家のデボラ・グルジェル、そしてドラマーでありプロデューサーでもあるチアゴ・ハベーロらとともに、ダニ&デボラ・グルジェル・クアルテートというコラボレート活動を続けてきた。彼らのニックネームは<DDG4>と呼ばれ、これは日本のファンが名付けたもの。DDG4はこれまでに累計7枚のアルバムをリリースして来、ブラジルのほか、日本やドイツ、オランダなどで世界各国で販売されている。ダニが作曲した楽曲は、マリア・シュナイダーやフィロ・マシャード、アンソニー・ウィルソン、サラ・セルパ、そしてデボラ・グルジェルなど、世界中でレコーディングされている。

——————————————————————————————————————————————–
Photo : © Gabriel Matsumoto, Isabela Durão (lirou) & Mansur Atique / Da Pá Virada