mikado610_407px - Sold Out -
本公演は満席のご予約をいただき、SOLD OUT となりました。
たくさんのご予約をいただき、ありがとうございました。
ご予約の無い方は、ご入場いただけません。ご了承ください。

——————————————————————————————————————————————–
恒例、というにはまだ早い。けれどもきっと恒例になるのでこう書き出します。皆さんお待ちかね、恒例のシネマゆく年くる年が今年もやってきました、

「最近はとんと映画を観なくなった…」というあなたに向けて、2018年の映画事情から2019年の展望までを、忙しかった1年の私から解放されて歓声をあげてしまいそうな熱量でお届けします。

今年のムービーガイズ3人衆は、小柳帝さん(ライター・編集者)、三好剛平さん(LOVE FM)のおふたりに加えて、全国で話題沸騰の直方映画祭で作品セレクトしている城戸晋吾さんをお迎えし、やはり初顔合わせ、行先不明のトークとなりそうです。

第1部ではお三方による2018年ベスト10の発表、第2部では小柳帝さんに、2019年に見逃してはならない、なんとか福岡に呼ばねばならない映画をプレビューしていただきます。恒例ながら、やはり前代未聞の年忘れ。ぜひ、足をお運びください。
——————————————————————————————————————————————–

Stock Bros. & RePublik: Present
小柳帝の
シネマゆく年くる年 2018-2019


2018年 12月 15日 (土)
18:30 開場 / 19:30 開演
予約 : 1,500円
当日 : 2,000円
(※ 共に1ドリンク別途、全席自由)
出演 :
小柳帝(ライター・編集者)
三好剛平 (Love FM)
城戸晋吾 (直方映画祭)
司会 :
森重裕喬(Stock Bros.)

予約方法 :
オンライン予約 (24h) : http://republik.jp/reservation
メール予約 (24h) : reservation@republik.jp
電話予約 : 090-5733-8716 (森重・Stock Bros.)
● メールあるいは電話でのご予約 :
公演名・公演日・代表者お名前・電話番号・ご人数をお知らせください。
● 公演当日ご来場時に、会場受付にて前売り料金でのご精算/ご入場とさせていただきます。

会場 :
Code Style Showroom – コードスタイル・ショールーム
福岡市中央区薬院 1-6-16
tel. 092-982-0478
[Map]
——————————————————————————————————————————————–
小柳帝 こやなぎ みかど
ライター・編集者・翻訳者・フランス語講師。映画・音楽・デザイン・知育玩具・絵本などの分野を中心に、さまざまな媒体で執筆活動を行ってきた。主要な編・著書に『モンド・ミュージック』『ひとり』『EDU-TOY』『グラフィックデザイナーのブックデザイン』『ROVAのフレンチカルチャーAtoZ』『小柳帝のバビロンノート映画についての覚書1・2』、また、翻訳書に『ぼくの伯父さんの休暇』『サヴィニャック ポスターA-Z』などがある。その他、CDやDVDの解説、映画パンフレットの執筆等多数。自身が主宰するフランス語教室ROVAは、今年で19周年を迎えた。

三好剛平 みよし ごうへい
1983年福岡生まれ。ラブエフエム国際放送株式会社にて営業・企画、ウェブ、イベントなど担当。福岡市「まちなかアートギャラリー福岡」ディレクター、「天神サイト」編成チーフ、「はかた伝統工芸館」主任など歴任、現在はアジア映画の商談会企画「ネオシネマップ福岡」担当 他。

城戸晋吾 きど しんご
酔いどれバンド、ニール☆UMA所属。3度の飯より坂が好き。毎年直方市中心市街地で行われる映画祭の作品選考を約7割程担当。低予算を逆手に他では味わえない、寺や商店街の空店舗、記念館といったその土地の風土に合わせた作品上映を模索する。選考モットーは攻撃こそ最大の防御。好きな映画監督はマノエル・ド・オリヴェイラ。
——————————————————————————————————————————————–

《RePublik: 河崎のひとこと》
ぼく自信が参加して、楽しくて楽しくて仕方がなかったトークイベント。ぜひこの楽しさを福岡の皆さんと共有したいと思い開催する、心からオススメするイベントです。

小柳帝さんが主宰するフランス語・フランス文化の教室ROVAが、毎月福岡・大橋 organさんにて開かれていました。その日程に合わせて、帝さんの特別公開講座も開催されていました。年末には、その年に公開された映画のベスト10と、翌年公開予定映画の見どころを紹介する講座が開催されていたのです。

この講座に参加するまでのぼくは、正直に言って年に1度劇場に映画を観に行く程度でしたが、この講座へ参加したことがきっかけで、飛躍的に映画を楽しむようになりました。帝さんが挙げる監督の名前、俳優の名前やクルーの名前は、映画の知識を持ち合わせていないぼくにとっては、チンプンカンプン。でも、関係ないんです。帝さんが持つ映画に対する情熱と深い愛、そして好きさ加減がハンパないトークは、熱量マックス。そして、総合芸術である映画のさまざまな切り口を紹介してくれて、新たな映画の楽しみ方も紹介してもらえます。このイベントは、その特別公開講座の拡大版と言えるもの。「今年はほとんど映画を観に行かなかったけれど、これからもっと映画と触れていたい。」という方に、ぜひご参加いただきたい、イベントです。

福岡からは、ムービーガイズ、三好剛平さん(LOVE FM)、城戸晋吾さん(直方映画祭)が参加して、第1部では、2018年に公開された映画を3人それぞれのベスト10でおさらいし、第2部では、2019年公開予定映画の中から映画業界に精通する小柳帝さんならではの注目作品を紹介。共催と司会は、福岡でインディペンデントな映画を紹介する活動を行っている Stock Bros. の森重裕喬さんです。

年末の慌ただしい時期ですが、お誘い合わせの上、ぜひ気軽にご来場ください。
小柳帝さんの熱量と楽しさ満載のトークを、ぜひ一緒に楽しみましょう。
皆さまのご参加をお待ちしています。

- RePublik: 河崎