ulises_tour_610w アルゼンチン・ポスト音響派孤高の天才コンポーザー ULISES CONTI、耽美かつ映像的なサウンドスケープが美しい過去10年に渡るソロキャリアを網羅した集大成ベスト『ATLAS』のリリースと共に、待望の初来日公演!

そして、Vashti Bunyanのバンドメンバーとしても知られるグラスゴーの女性シンガーソングライター
Jo Mango。
今年4月に初の国内盤をリリースし、そのどこまでもピュアな歌声と素朴かつ深みのあるサウンドで音楽ファンの心を鷲掴みにし彼女の6年ぶりとなる来日ツアーが決定しました。豪華3人編成にて最新作「Murmuration」からの楽曲を中心にライブを披露します。

全国数カ所のみで実現する希少な共演をご堪能ください。

Ulises Conti  X  Jo Mango 福岡公演
2013年 11月 1日 (金)
18:00 開場  /  19:00 開演
予約 :  3,500円
当日 :  4,000円
(※ 全席自由)

会場 :
日本福音ルーテル博多教会
福岡市博多区須崎町 3-9
(地下鉄「中洲川端駅」より徒歩5分)
* 駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。
* 会場への直接のお問い合わせはご遠慮ください。
[ Map ]

予約受付:
予約フォームは、こちら
メール予約 :   reservation@republik.jp
電話予約 :  090-7291-9112 (河崎)
※ メール予約 及 電話予約の際は、以下をお知らせください。
・ 公演名/公演日
・ お名前
・ ご人数
・ご連絡先

Ulises Conti Japan Tour 2013 オフィシャル・サイトは、こちら

Jo Mango Japan Tour 2013 オフィシャル・サイトは、こちら

Artists
ulises_610W Ulises Conti – ウリセス・コンティ
1975年生まれ、アルゼンチン・ブエノスアイレス出身のコンポーザー、マルチ・インストゥルメンタリスト、サウンド・アーティスト。
数多くの映画・舞台音楽を手がける他、ロラ・アリアスとのコラボレーションを含め、Metamusicaより7枚のアルバムをリリース。Alejandro Franov(アレハンドロ・フラノフ)らが参加し、アルゼンチン音響派をネクストステージに運ぶ狼煙を挙げた怪作『Iluminaciones』(通称・タコジャケ)でデビュー。ガレージ・ロック〜アシッド・フォーク、フォルクローレの古典からColleenまでをフォローする現代的な感覚と、ウィットに富んだ独創性溢れる楽曲で注目を浴びている。

アメリカでのアーティスト・イン・レジデンスやドイツでの舞台音楽、BEACH HOUSEとの共演など、様々な国を旅して培われた無国籍で既成の概念に捉われない様はまさに孤高。シネマチックなオーケストレーションからロマンチックでエスプリの効いたソロピアノ、先鋭的なエレクトロニクス処理までを華麗に使いこなすアルゼンチン・ポスト音響派屈指の才能です。

- ウリセス・コンティ 映像 -


jo_610 Jo Mango – ジョー・マンゴー
ヴァシュティ・バニヤンの世界ツアーの創設メンバーで、カーネギーホールでのDAVID BYRNEとの共演を始め, DEVENDRA BANHART, TEENAGE FANCLUBなど超大物アーティストとのコラボレーション経験を持つ、天使の歌声。
英国グラスゴーを拠点に活動するジョー・マンゴーは、盟友ヴァシュティ・バニヤンに「ユニークな才能」と言われる、誰をも魅了するクリスタル・ヴォイスの他に、マルチインストゥルメンタリストとしての才能を持ち合わせ、トレードマークであるギター、カリンバ、オムニコード、スク イー ズボックスの上にミュージック・ソー、ハーモニウム、グロッケン、ピアノをふんだんに使う美しいアンサンブルで過去2枚のアルバムをリリースしている。

「Jo Mangoはアーティストとして、また演奏家として特別な才能を持っている。彼女の人生を楽しむセンスが、私たちが一緒にイギリス、ヨーロッパ、アメリ カ、オーストラリア、日本中をツアーして回った時の想い出を輝かしいものにしてくれた。優しくて、オリジナルで、聡明で、どこへ行っても愛される人であろう。彼女の最新アルバム Murmurationは、自分が期待していた出来そのものであった。とても美しく作られており、大変丁寧にまとめられている。それ以上にこれは素晴らしく思想に富んだ楽曲集で、中でもEvenmoreは彼女がカリンバを使って最大の効果を発揮している。惚れ惚れしてしまいます。」
ー VASHTI BUNYAN

-  ジョー・マンゴー 映像 -