Sunday at the Cormagnon Cover 大手門のビストロ・クロマニヨンで、市村シェフの味わい深い小皿料理をW(ダブリュー)の若槻さんのピュアなワイン、トモノウ・コーヒーの香り高いコーヒーとともにいただく、サンデー・アフタヌーン・パーティー。

気軽にワインと料理を食べ、コーヒーを飲みながら、アルゼンチンの音楽家カルロス・アギーレの音の世界につながるナチュラルで繊細な音楽を紹介するbar buenos airesのナチュラルな音楽とともに、ゆったりとした時間が流れる日曜の午後をお楽しみください。

Sunday at the Cro-magnon – サンデイ・アット・ザ・クロマニヨン
2013年 11月 17日 (日)
12:00 〜 16:00
ミュージックチャージ :  500円
フード & ドリンク  : 3,000円  (300円チケット X 10枚綴り)
※ 先着予約 50名様 限定
※ 上記開催時間内に何時でもご自由にご来場いただけます。
※ チケットでフード&ドリンクをご自由にお選びいただけます。
※ 追加の場合は、一枚単位でチケットをご購入いただけます。

会場 :
Cro-magnon (クロマニヨン)
福岡市中央区大手門 1-9-31-1F奥
tel. 092-406-7487
http://www.wine-cro.jp/
[ MAP ]

予約受付:
予約フォームは、こちら
メール予約 :   reservation@republik.jp
電話予約 :  092-406-7487  (クロマニヨン)
※ メール予約 及 電話予約の際は、以下をお知らせください。
・ イベント名/期日
・ お名前
・ ご人数
・ご連絡先

Cro-magnon (クロマニヨン)
使用される食材の多くは、生産者と直接会い納得したものを選び、料理を通して生産者の思いを伝えている。食材や料理への思いと同じようにセレクトされたワインとともに市村大輔・仁美夫妻が醸し出す空間にはいつも楽しくくつろいだ時間が流れている。
http://www.wine-cro.jp/

W  (ダブリュー、大阪)
フランスやイタリア、スペインのワイナリーに赴き味わい深く洗練された自然派ワインを仕入れるインポーター。そのセレクトは、ロワールの綺麗な酸の白から、ジュラの旨みを凝縮した赤。イタリアの果実味豊かな微発泡まで多彩な表情を見せる。
http://winc.asia/

トモノウコーヒー
生産農園の姿勢を読みとりながら厳選された豆は毎日こまめに少量焙煎され、常にフレッシュな状態で提供されている。淹れ方や飲み方について人それぞれの自由な楽しみ方をすすめる店主・友納理氏の人柄とともに、福岡市城南区鳥飼の地元の方々に深く愛される珈琲豆専門店。
http://tomonocoff.exblog.jp/

bar buenos aires  (バー・ブエノスアイレス)
音楽文筆家の吉本宏、HMVジャズ・バイヤーの山本勇樹、河野洋志による音楽選曲ユニット。bar buenos airesレーベルでのCDのリリースやライヴ開催、選曲会を行い、福岡では毎秋に天神の活版印刷CULTAで選曲会を行う(2013年は11月16日に開催)。この秋には3作目のコンピレイション『bar buenos aires estrella 〜 星の輝き』がリリースされる。
http://barbuenosaires.tumblr.com/

協力 :  Republik:

flyer_image